高島善哉著作集  第7巻 (マルクスとヴェーバー)

高島善哉 著 ; 渡辺雅男 責任編集

市民社会の全体性の主体的把握とは?「マルクス/ヴェーバー問題」を、A・スミスを媒介として解明し、両者の二重関係を正しく把握してうち立てられた高島社会科学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いわゆる「マルクス/ヴェーバー問題」について
  • 第2章 方法と方法態度について
  • 第3章 ザッハリヒとマテリアリスティッシ
  • 第4章 主体と客体の捉え方について
  • 第5章 イギリス的なものとドイツ的なもの
  • 第6章 いわゆる社会的自然の概念について
  • 第7章 政治経済学と経済社会学
  • 第8章 理論と実践の問題
  • 第9章 価値論の意味と価値について
  • 第10章 いわゆる唯物史観との対決について
  • 第11章 人間、社会および認識の方法
  • 第12章 「マルクス/ヴェーバー問題」をいかに受けとめるべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高島善哉著作集
著作者等 渡辺 雅男
高島 善哉
書名ヨミ タカシマ ゼンヤ チョサクシュウ
書名別名 マルクスとヴェーバー

Takashima zen'ya chosakushu
巻冊次 第7巻 (マルクスとヴェーバー)
出版元 こぶし書房
刊行年月 1997.11
ページ数 489, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4875591179
NCID BA33385866
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98056255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想