日本人と其文化

西村真次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 日本民族の理念
  • 一、 民族と國民と / 1
  • 二、 日本民族の體性と其特徴 / 3
  • 三、 日本民族の心性と其文化 / 6
  • 四、 日本民族と自然的環境 / 10
  • 五、 日本國家の體制と其目的 / 12
  • 六、 日本民族理想と歴史的特徴 / 14
  • 日本人の構成及び發展過程
  • 一、 緒言 / 17
  • 二、 三種の原住民 / 18
  • 三、 日向人の人種的地位 / 21
  • 四、 南方種族と漢族 / 23
  • 五、 人種移動及び交通 / 25
  • 六、 結言 / 27
  • 先史時代の日本
  • 一、 はしがき / 29
  • 二、 自然環境 / 30
  • 三、 人種位地 / 34
  • 四、 文化樣態 / 41
  • 五、 むすび / 47
  • 先史時代の諸問題
  • 一、 先史時代の諸研究 / 49
  • 二、 人種上の問題 / 50
  • 三、 時間上の問題 / 55
  • 四、 工藝上の問題 / 62
  • 五、 結言 / 65
  • 歸化人と日本文化
  • 一、 古代歸化人の文化的貢獻 / 68
  • 二、 中世の歸化人と佛教文化 / 71
  • 三、 近世の歸化人と歐洲文化 / 74
  • 築城學上の古代城郭
  • 一、 緒言 / 77
  • 二、 先史時代の城郭 / 78
  • 三、 原史時代の城郭 / 88
  • 四、 結言 / 94
  • 原始時代と老人
  • 一、 文明以前の人類社會 / 96
  • 二、 低級民衆の敬老的習俗 / 98
  • 三、 老人の委棄、撲殺、食肉 / 99
  • 四、 原始的孝行 / 103
  • 古代生活の種種相
  • 一、 緒言 / 105
  • 二、 食料と調理 / 106
  • 三、 住居と倉庫 / 108
  • 四、 衣服と裝飾 / 110
  • 五、 言語と文字 / 111
  • 六、 家族組織 / 113
  • 七、 國家機構 / 115
  • 八、 結言 / 117
  • 和歌史上の庶民
  • 一、 緒言 / 119
  • 二、 神話時代 / 119
  • 三、 歴史時代早期 / 121
  • 四、 飛鳥、藤原、寧樂時代 / 122
  • 三、 結語 / 127
  • 上代文化と海外交通
  • 一、 上代文化 / 129
  • 二、 文化系統の多種性 / 131
  • 三、 海外交通路線 / 132
  • 四、 上代交通機關 / 134
  • 五、 固有文化の擴充 / 136
  • 上代の船
  • 一、 はしがき / 138
  • 二、 フロートの段階 / 139
  • 三、 筏の段階 / 140
  • 四、 刳舟の段階 / 141
  • 五、 皮船の段階 / 142
  • 六、 縫合船の段階 / 142
  • 七、 構造船の段階 / 143
  • 八、 むすび / 143
  • 國勢は海權と並行す
  • 一、 海國日本の位地 / 145
  • 二、 海權伸屈の史的波線 / 147
  • 三、 大陸に眩目して海洋を忘るな / 149
  • 漁業の今昔
  • 一、 はしがき / 151
  • 二、 漁場と漁船 / 152
  • 三、 先史時代の漁業 / 155
  • 四、 むすび / 161
  • 日本は海によつて世界に通ず
  • 一、 緒言-日本の位地 / 165
  • 二、 西洋菓子の名前 / 166
  • 三、 船舶用語の檢討 / 169
  • 四、 自然地理と人文地理 / 176
  • 五、 結語-八紘一宇 / 180
  • 日本民族の海外發展
  • 一、 モービリチイ / 183
  • 二、 古代の海外交通 / 184
  • 三、 中世と倭寇 / 188
  • 四、 近代の海外發展 / 190
  • 五、 鎖國政策の犧牲 / 194
  • 日本精神の脈動
  • 一、 緒言-日本精神の意義 / 196
  • 二、 進取的精神 / 200
  • 三、 多産的精神 / 208
  • 四、 協力的精神 / 216
  • 五、 結語-日本精神の最高峰 / 223
  • 武士道の發生と展開
  • 一、 武士道の諸研究 / 227
  • 二、 武士道の起原と奉仕精神 / 229
  • 三、 武士道の形成と其展開 / 233
  • 四、 武士道の漸次的擴充 / 237
  • 五、 家族主義的倫理 / 238
  • 國史に磅礴せる博愛精神
  • 一、 緒言-日本歴史の底流 / 241
  • 二、 古代の愛敵、博愛思想 / 243
  • 三、 社會救濟事業としての義倉、常平倉、布施屋 / 245
  • 四、 王朝時代の愛民精神 / 249
  • 五、 武家時代の愛敵行爲 / 250
  • 六、 結言-和魂の展開 / 252
  • 最近百年間の民族的進歩
  • 一、 鎖國主義の崩壞 / 254
  • 二、 尊皇主義の展開 / 256
  • 三、 大陸政策の復活 / 257
  • 四、 立憲政體の完成 / 258
  • 五、 世界主義の擡頭 / 259
  • 六、 白人優秀觀の破綻 / 261
  • 七、 自主的新秩序の建設 / 263
  • 日本文化の放出
  • 一、 生命の欲求と生活樣式 / 266
  • 二、 一全的文化と民族的文化 / 267
  • 三、 文化の吸收と民族性 / 270
  • 四、 文化放出運動の二型 / 273
  • 五、 國運の消長と文化の放出 / 275
  • 六、 民族理想の世界的擴充 / 277
  • 民族性と技術
  • 一、 緒言-工藝性の横溢 / 279
  • 二、 技術的性格の歴史的活動 / 280
  • 三、 結言-テクノクラシイ / 284
  • 日本主義を擴充せよ
  • 一、 國家の本質と運命 / 286
  • 二、 樂觀主義 / 288
  • 三、 多産主義 / 291
  • 四、 進取主義 / 293
  • 五、 協調主義 / 294
  • 六、 大孝を申ぶべき機會 / 296
  • 附録
  • 南海の旅 / 301

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本人と其文化
著作者等 西村 真次
書名ヨミ ニホンジン ト ソノ ブンカ
出版元 富山房
刊行年月 昭15
ページ数 323p
大きさ 19cm
NCID BA33371861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46068767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想