記憶の亡霊

フィリップ・J.ヒルツ 著 ; 竹内和世 訳

記憶能力を奪われたヘンリー・M。彼が脳研究にもたらした最新の成果を軸に、科学と哲学の両面から、記憶のメカニズムの全貌を描きつくす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 記憶を取り去られた男
  • 実験と忘却
  • ウミウシの神経細胞
  • 記憶の誕生
  • 文字の発明
  • 記憶術
  • 記憶の劇場
  • ライプニッツとデカルト
  • 世紀末=記憶の新時代
  • プルーストの回想
  • ミスター・Mの記録
  • 脳除去手術〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記憶の亡霊
著作者等 Hilts, Philip J
竹内 和世
ヒルツ フィリップ・J.
書名ヨミ キオク ノ ボウレイ : ナゼ ヘンリー M ノ キオク ワ キエタノカ
書名別名 Memory's ghost

なぜヘンリー・Mの記憶は消えたのか
出版元 白揚社
刊行年月 1997.10
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 4826990235
NCID BA33370734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98051937
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想