「国語」と「国語辞典」の時代  下

倉島長正 著

「国語」と「国語辞典」の時代の掉尾を飾る、日本における国語辞典の金字塔『日本国語大辞典』が完結してから20年後の今、当時の編集長が、その編纂過程、社会的な影響力、『日国』批判に対する反論、大型国語辞典の将来などを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第10章 近代大型辞書史の一景
  • 第11章 『日国』物語のはじめに
  • 第12章 『日本国語大辞典』-送り手側からの回顧
  • 第13章 『日本国語大辞典』-発刊から完結まで
  • 第14章 『日本国語大辞典』-批判と反論と
  • 第15章 『日本国語大辞典』-派生した企画の数々
  • 第16章 「国語大辞典」の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「国語」と「国語辞典」の時代
著作者等 倉島 長正
書名ヨミ コクゴ ト コクゴ ジテン ノ ジダイ
巻冊次
出版元 小学館
刊行年月 1997.11
ページ数 245, 34p
大きさ 20cm
ISBN 4093872368
NCID BA33328727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98041871
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想