世界美術史

木村重信 著

本書は先史時代から現代まで、原則的には古い時代から新しい時代へと、時代順に構成されている。しかし、このような時間という縦軸と、地域という空間的横軸とを交差させて、いわば輪切り的に相互関連を明らかにしようとした。取りあげられた造形作品は古今東西南北にわたり、また、建築、彫刻、絵画、工芸の諸分野に及んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ラスコーの「馬」-フランス、旧石器時代
  • ヴィレンドルフの「女性裸像」-オーストリア、旧石器時代
  • ビョーラの「トナカイ」-ノルウェイ、中石器時代
  • レミヒアの「ヤギの狩猟」-スペイン、中石器時代
  • オビリ・ロックの「精霊ミミ」-オーストラリア、紀元前4000年ころ
  • ツォディロ・ヒルの「エランド、ジラフ、手形」-ボツワナ、後期石器時代
  • ペルナの「男女群像」-ブラジル、石期
  • 稲荷山貝塚の「筒形土偶」-横浜市、縄文後期
  • オゴウェ川流域の「仮面」-ガボン、十九世紀
  • チャタル・フユックの「裸婦坐像」-トルコ、新石器時代〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術史
著作者等 木村 重信
書名ヨミ セカイ ビジュツシ
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1997.11
ページ数 519p
大きさ 31cm
ISBN 4022571977
NCID BA33305834
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想