自分をつくるための読書術

勢古浩爾 著

生まれついての一部の幸福者をべつとして、ほとんどの人にとって「自分」とは理不尽で納得のいかない存在である。が、嘆いてもしかたがない。むしろ「自分」を発見したときから、「自分」をつくりあげていく長い道程がはじまる。それはたとえば、「弱さ」を否定して「強さ」につくりかえようとするのではなく、「弱さ」の意味を問い、それをハガネのような「弱さ」にさらにつくりあげること。読書という、とびっきり地味で静的な方法によって「自分」をつくるという意味はまさにここにある。自分を揺さぶり、鍛えていくための実践的読書術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「自分」をつくるとはどういうことか
  • 第1章 「世間」を生きぬくための読書-あらゆる形式を疑え
  • 第2章 「弱さ」を鍛えるための読書-一冊の本は決定的に発火する
  • 第3章 「論理」の力をつけるための読書-読むなら考えよ考えぬのなら読むな
  • 第4章 「理不尽」を生きるための読書-すべての本を軽蔑せよ
  • 第5章 「覚悟」を決めるための読書-わたしがルールブックである
  • 第6章 「自分」をゆさぶるための読書-自分に関係のない本などない
  • おわりに 「自分」をつくらないことの責任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分をつくるための読書術
著作者等 勢古 浩爾
書名ヨミ ジブン オ ツクル タメノ ドクショジュツ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 448005734X
NCID BA33299877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想