宗教社会史の構想 : 真宗門徒の信仰と生活

有元正雄 著

日本の近代化の中で、なぜ真宗門徒は苦しさに耐える倫理を持ちえたか、その信仰と生活の面から追究。正直・勤勉を旨とする熱心な真宗門徒の実態を歴史学・社会学・民俗学の方法で明らかにし、宗教社会史を提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 真宗門徒の徳目
  • 世俗倫理のとりこみ
  • 他力と自力の統合
  • 門徒の信仰
  • 門徒の倫理・エートス
  • 門徒の地帯性
  • 堕胎・間引きの忌避
  • 殺生忌避の精神的基礎
  • 出稼ぎの諸相
  • 真宗地帯と売薬行商〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教社会史の構想 : 真宗門徒の信仰と生活
著作者等 有元 正雄
書名ヨミ シュウキョウ シャカイシ ノ コウソウ : シンシュウ モント ノ シンコウ ト セイカツ
書名別名 Shukyo shakaishi no koso
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 30
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.12
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 4642054308
NCID BA33294920
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98062672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想