観察者の系譜 : 視覚空間の変容とモダニティ

ジョナサン・クレーリー 著 ; 遠藤知巳 訳

19世紀前半の西欧における、視覚文化の根本的変容。「観察者」の誕生として特徴づけられるその転換の諸相を、さまざまな視覚器具、絵画、人間諸科学の大胆かつ繊細な分析を通じて明らかにする。視覚文化論の記念碑的名著、待望の邦訳刊行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代と観察者の問題
  • 第2章 カメラ・オブスキュラとその主体
  • 第3章 主観的視覚と五感の分離
  • 第4章 観察者の技法
  • 第5章 視覚的=幻視的抽象化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 観察者の系譜 : 視覚空間の変容とモダニティ
著作者等 Crary, Jonathan
遠藤 知巳
クレーリー ジョナサン
書名ヨミ カンサツシャ ノ ケイフ : シカク クウカン ノ ヘンヨウ ト モダニティ
書名別名 Techniques of the observer
シリーズ名 叢書・近代を測量する 1
出版元 十月社
刊行年月 1997.11
ページ数 304p
大きさ 20cm
ISBN 4915665569
NCID BA33290271
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99118380
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想