量子論の宿題は解けるか : 31人の研究者に聞く最前線報告

尾関章 著

量子世界では、いくつもの状態が同時に重なり合う。遠く離れたもの同士が、"光よりも速く"情報をやりとりしているかのように振る舞う。常識に反するこれらの出来事は本当に起こるのか。シュレーディンガーやアインシュタインたちは、それに疑問を突きつけた。量子力学は、私たちの世界像を揺るがしたまま、その問いを未解決の「宿題」として残してきた。それが、いま実験技術の進歩によって検証されつつある。「私たちの世界そのものが重ね合わさっている」という仮説を量子コンピューターをつくって確かめようという動きもある。欧州で研究者を訪ね歩いて探った量子論のいま。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 量子コンピューターで試す多世界
  • 第2部 実験で見えてきた量子世界
  • 第3部 量子世界がつくる究極の暗号
  • 第4部 半導体と量子力学との再会
  • 第5部 量子力学の原点を訪ねて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 量子論の宿題は解けるか : 31人の研究者に聞く最前線報告
著作者等 尾関 章
書名ヨミ リョウシロン ノ シュクダイ ワ トケルカ : 31ニン ノ ケンキュウシャ ニ キク サイゼンセン ホウコク
書名別名 Ryoshiron no shukudai wa tokeruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 310, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062571951
NCID BA33286864
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98056071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想