複雑系を解く確率モデル : こんな秩序が自然を操る

香取眞理 著

部分的にはでたらめに見えても、全体には秩序がある-確率モデルとは、自然現象をそういう世界としてとらえる。いっけん複雑で予測不可能な自然のふるまいも、じつは単純な確率のルールの無限の積み重ねの結果なのだ。だからそこには秩序が生まれる。するとその単純なルールこそが自然のメカニズムの本質ではないのか。カオス、フラクタル、自己組織化臨界現象といった複雑系科学の考え方と密接に結びついた確率モデルの魅力的な世界を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 複雑系科学への登山口
  • 第1章 なぜ物理学者は確率モデルが好きなのか
  • 第2章 磁石のモデルと森林生態系
  • 第3章 伝染病伝播とパーコレーション・モデル
  • 第4章 自己組織化臨界現象と砂山崩しのモデル
  • 第5章 さわがしい定常状態-統計物理学への誘い
  • エピローグ 空間パターンと確率モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複雑系を解く確率モデル : こんな秩序が自然を操る
著作者等 香取 眞理
香取 真理
書名ヨミ フクザツケイ オ トク カクリツ モデル : コンナ チツジョ ガ シゼン オ アヤツル
書名別名 Fukuzatsukei o toku kakuritsu moderu
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 217, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4062571935
NCID BA33285001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98056070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想