精神鑑定の事件史 : 犯罪は何を語るか

中谷陽二 著

異常な犯罪が起きるたびに話題になるのが精神鑑定。しかし、精神鑑定は期待されるように、出来事の真相を明らかにできるのだろうか。本書は、レーガン元米大統領暗殺未遂事件、多重人格者の連続殺人、哲学者の妻殺し等々、社会を揺るがせ、鑑定人を悩ませた有名な事件を取り上げる。貴重な資料や証言をもとに犯行と裁判の経過をふり返り、精神鑑定のむずかしさを浮き彫りにしながら、異常な事件を生んだ心の世界を探る試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 精神鑑定の舞台裏
  • 第1章 レーガン大統領を襲った男
  • 第2章 演技する犯罪者
  • 第3章 ロシア皇太子襲撃事件の謎
  • 第4章 大量殺人犯とガウプ教授の奇妙な関係
  • 第5章 哲学者アルチュセールはなぜ妻を殺したか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神鑑定の事件史 : 犯罪は何を語るか
著作者等 中谷 陽二
書名ヨミ セイシン カンテイ ノ ジケンシ : ハンザイ ワ ナニ オ カタルカ
書名別名 Seishin kantei no jikenshi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1997.11
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 4121013891
NCID BA3328010X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想