青年海外協力隊の虚像 : 天下りの温床 : 体験者の告発

石橋慶子 著

青年海外協力隊に参加する人は、清廉潔白な若者たちというイメージがあります。昨今の記事でも、「政治の世界に入って官僚になる前に、まず協力隊員となり、ボランティアとして厳しい労働を経験しなさい」といった主張をよく見かけますが、大きな誤解と言わざるをえません。海外で日常的に繰り広げられる彼らの目をそむけたくなるような行為の数々。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ホンジュラスへ
  • 第2章 遊びが仕事の協力隊員
  • 第3章 任期短縮の深い意味
  • 第4章 「腐った日本」の見本、青年海外協力隊
  • エピローグ 天下りの巣

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 青年海外協力隊の虚像 : 天下りの温床 : 体験者の告発
著作者等 石橋 慶子
書名ヨミ セイネン カイガイ キョウリョクタイ ノ キョゾウ : アマクダリ ノ オンショウ : タイケンシャ ノ コクハツ
書名別名 Seinen kaigai kyoryokutai no kyozo
出版元 健友館
刊行年月 1997.10
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 4773703822
NCID BA33247807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98040110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想