歴史と真実

中村政則 [ほか]著

日本の近現代歴史教育の見直しを要求する「自由主義史観」の運動に反論する歴史家と言論人が、現在の混沌を分析し、未来への道を探る。歴史の真実とは何か。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史教科書問題とナショナリズム
  • 歴史教科書をめぐる政治的言説とその特徴
  • 「従軍慰安婦」問題で何が問われているか
  • 皇民化政策-日本の近代がもつ最大の問題
  • 近代日本における道義と国家
  • 「中国」という畏怖-近現代日本の中国認識をめぐって
  • 「南京大虐殺」をめぐって
  • 従軍慰安婦問題・ジェンダー史の視点から-なぜ「標的」となったか
  • 自画自賛論のゆくえ
  • リベラリズムの学校教育と教科書検定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史と真実
著作者等 三宅 明正
中村 政則
佐高 信
吉見 義明
宇沢 弘文
宮田 節子
山田 賢
本多 勝一
若桑 みどり
趙 景達
書名ヨミ レキシ ト シンジツ : イマ ニホン ノ レキシ オ カンガエル
書名別名 いま日本の歴史を考える
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.11
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4480857559
NCID BA3324473X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98067436
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想