ソクラテス以前の哲学者

廣川洋一 著

アリストテレスはソクラテス以前の哲学者を自然学者と断じたが、彼らは「神的なもの」「自己の内的世界」「国家・社会の問題」等にも強い関心を懐いていた。水を万物生成の元と考えたタレス、魂の神性と転生を説いたピュタゴラス、自分自身とその魂の探求を第一義としたヘラクレイトス等々…。今日に伝わるソクラテス以前の主要な哲学者の真正の言葉を丹念に読み解き、その真価を明らかにした意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ソクラテス以前の哲学者-その思想(「ソクラテス以前」について
  • 哲学の先駆者たち
  • ミレトス派の人びと
  • クセノパネス
  • ピュタゴラスとピュタゴラス派 ほか)
  • 第2部 ソクラテス以前の哲学者著作断片(アナクシマンドロス
  • アナクシメネス
  • クセノパネス
  • ピロラオス
  • ヘラクレイトス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソクラテス以前の哲学者
著作者等 広川 洋一
廣川 洋一
書名ヨミ ソクラテス イゼン ノ テツガクシャ
書名別名 Sokuratesu izen no tetsugakusha
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 393p
大きさ 15cm
ISBN 4061593064
NCID BA33243511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98059891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想