シェイクスピアと日本人

ピーター・ミルワード [著] ; 中山理 訳

日本人にとってシェイクスピアの魅力とはなにか。『ロミオとジュリエット』と近松の『曽根崎心中』、『ハムレット』と漱石の『こころ』などを比較検討し、イギリスと日本双方の心と次元がシェイクスピアにもあることに気づく。恋人たちの自殺や恋愛物語における女性観に日本的な色合いを発見して、共感をいだくのである。「万人の心を持つ」シェイクスピアの、言葉の魔術と魅力をさぐる文庫オリジナル。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 シェイクスピアの日本的次元
  • 2 さらに「無」について
  • 3 日本人にとってのシェイクスピア
  • 4 着物をまとったシェイクスピア
  • 5 日本で人気のシェイクスピア演劇
  • 6 日本人による二つのシェイクスピア解釈
  • 7 シェイクスピアと近松門左衛門
  • 8 シェイクスピアと千利休
  • 9 隠れた共通点
  • 10 『ハムレット』と『こころ』
  • 11 シェイクスピアの分かりやすさ
  • 12 シェイクスピアのヒロインたち
  • 13 シェイクスピアと日本の哲学
  • 14 シェイクスピアと私

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアと日本人
著作者等 Milward, Peter
中山 理
ミルワード ピーター
書名ヨミ シェイクスピア ト ニホンジン
書名別名 Sheikusupia to nihonjin
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.11
ページ数 202p
大きさ 15cm
ISBN 4061593048
NCID BA33242610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98059892
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想