シカゴ社会学の研究 : 初期モノグラフを読む

宝月誠, 中野正大 編

[目次]

  • 第1部 総論篇(社会調査からみた初期シカゴ学派
  • シカゴ学派の理論的支柱-モノグラフとミードの関係
  • AJSから見たシカゴ学派の社会学者-人生の舞台としての1920年代の学術誌 ほか)
  • 第2部 モノグラフ篇(社会と個人-その解体と組織化 W・I・トマス、F・ズナニエツキ『ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民』
  • 都市の放浪者たち-ネルス・アンダーソン『ホボ-ホームレスの社会学』
  • 人間生態学の胎動-ロドリック・D・マッケンジー『近隣-オハイオ州コロンバス市における地域生活の研究』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シカゴ社会学の研究 : 初期モノグラフを読む
著作者等 中野 正大
宝月 誠
書名ヨミ シカゴ シャカイガク ノ ケンキュウ : ショキ モノグラフ オ ヨム
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1997.11
ページ数 595, 13p
大きさ 22cm
ISBN 476990858X
NCID BA33217442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98056166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想