生体分子モーターの仕組み

石渡信一 編

生体運動の分子メカニズムは半世紀もの間研究者を魅了する一方、その解明を拒んできた。しかし近年の研究の進展は、研究が新たな段階に入ったことを思わせる。今こそ解明されんとしているモーターの仕組みを紹介する。1分子直視・操作・計測用の顕微システムや人工運動システムの開発、多様な分子モーターの発見と遺伝子操作による機能改変、立体構造の解明、これらを可能にした新技術やアイデアを紹介し、分子モーターの魅力と謎を伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 分子モーター研究の新展開
  • 第1章 多様な生体機能を担う分子モーター
  • 第2章 分子モーターの構造を解く
  • 第3章 分子モーターの働きを見る
  • 第4章 分子モーターのメカニズムを探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体分子モーターの仕組み
著作者等 日本生物物理学会シリーズ・ニューバイオフィジックス刊行委員会
石渡 信一
シリーズニューバイオフィジックス刊行委員会
日本生物物理学会
書名ヨミ セイタイ ブンシ モーター ノ シクミ
シリーズ名 シリーズ・ニューバイオフィジックス / 日本生物物理学会/シリーズ・ニューバイオフィジックス刊行委員会 編 4
出版元 共立
刊行年月 1997.11
ページ数 214p
大きさ 22cm
ISBN 4320054679
NCID BA3320060X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98054258
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想