感覚・認知機能障害をもつ人の看護

塚原浩子, 金城利雄 責任編集

本書では、このような人間にとって重要な機能が障害された場合、果たしてどのような生活上の不便・不利益が生じてくるのかを明らかにするとともに、生活の質を視点とした看護について述べるよう心がけた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 感覚・認知機能の人間にとっての意味
  • 第2章 感覚・認知機能障害をもつ人の特性とその要因
  • 第3章 感覚・認知機能障害の日常生活への影響
  • 第4章 事例にみる感覚・認知機能障害をもつ人の看護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚・認知機能障害をもつ人の看護
著作者等 塚原 浩子
金城 利雄
黒田 裕子
書名ヨミ カンカク ニンチ キノウ ショウガイ オ モツ ヒト ノ カンゴ
シリーズ名 臨床看護学セミナー / 黒田裕子 監修 7
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1997.9
ページ数 320p
大きさ 26cm
ISBN 4839205876
NCID BA33170247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想