湯かげんいかが

森崎和江 著

性や年齢や社会の垣根を脱ぎ捨て、ひとつ湯に体を沈め背を流しあう。湯と肌のぬくもりに心身はくつろぎ命はよみがえる。日本人が失ったあたたかなおふろの文化を懐かしく語る名エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ゆげのむこうの
  • 1 罪のない顔
  • 2 わたしのふろ
  • 3 村の湯・町の湯・温泉
  • 4 水を湯にする
  • 5 桶とかめと手織り木綿
  • 6 川でふろして
  • 7 湯水のように
  • 8 ふろふき大根
  • 9 ひびいてくるいのち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 湯かげんいかが
著作者等 森崎 和江
書名ヨミ ユカゲン イカガ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1997.10
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 4582762182
NCID BA3316225X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98058366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想