哲学史成立の現場

柴田隆行 著

ヨーロッパにおける、日本における「思想史の自己発見の歴史」哲学史をその発生の時点から問い直す。哲学史の常識に挑戦し新たな方向を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 哲学史とは何か
  • ヨーロッパの哲学史
  • 日本の哲学史
  • ドイツにおけるカント哲学の普及と復興
  • フォイエルバッハの哲学史著作の意義
  • 統計で見る哲学史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学史成立の現場
著作者等 柴田 隆行
書名ヨミ テツガクシ セイリツ ノ ゲンバ
書名別名 Tetsugakushi seiritsu no genba
出版元 弘文堂
刊行年月 1997.10
ページ数 202, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4335150407
NCID BA33119002
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想