α交感神経受容体の分子治療学 : 遺伝子から機能へ

辻本豪三 編著

[目次]

  • 第1章 分子機構(α1アドレナリン受容体-遺伝子とシグナル伝達機構
  • α2アドレナリン受容体-遺伝子とシグナル伝達機構 ほか)
  • 第2章 血管制御-生理と病態(α1受容体サブタイプと血管収縮
  • α受容体と内皮機能 ほか)
  • 第3章 心臓制御(心肥大
  • 不整脈・チャネル制御 ほか)
  • 第4章 内分泌・中枢制御(腎レニン分泌制御機構
  • α2受容体の膵インスリン分泌制御機構 ほか)
  • 第5章 肥満、高血圧と交感神経(代謝性異常としての高血圧
  • インスリン抵抗性と交感神経活動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 α交感神経受容体の分子治療学 : 遺伝子から機能へ
著作者等 辻本 豪三
書名ヨミ アルファ コウカン シンケイ ジュヨウタイ ノ ブンシ チリョウガク : イデンシ カラ キノウ エ
出版元 メディカルレビュー社
刊行年月 1997.9
ページ数 165p
大きさ 26cm
ISBN 4896001966
NCID BA33014456
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98047925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想