人びとのかたち

塩野七生 著

虚実皮膜の間について。正義なるものの落し穴について。愛されたいと望むことの度胸について。官能という名の死について。品格とは何かについて。永遠に解決できない問題について。そして、地中海世界の圧倒的な魅力について。…数多の現実、事実と真実を、映画が教えてくれた。銀幕は人間万華鏡、人生の奥深さを多様に映し出す。だから私は語ろう、私の愛する映画のことを-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • おとなの純愛
  • せめて月の輝く夜には
  • スター
  • 戦時のリーダー
  • デザイン・フォー・リヴィング
  • 人間嫌い
  • 男女の友情
  • 不倫
  • 学校教育
  • ジゴロ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人びとのかたち
著作者等 塩野 七生
書名ヨミ ヒトビト ノ カタチ
書名別名 Hitobito no katachi
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1997.11
版表示 17刷改版
ページ数 306p
大きさ 16cm
ISBN 4101181101
NCID BA33007268
BB03331537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98041774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想