都市と農村の結合

祖田修 著

本書は、地域計画を内容としてはいるが、各州・各地域の具体的施策について言及したものではない。本書はむしろ、ドイツの空間整備政策の歴史的展開過程を追跡しつつ、そこでの地域政策とりわけ中小都市と農村の結合という政策理念に着目したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 地域主義と地域計画
  • 田園都市運動の展開-イギリスとの差異
  • 地域計画の成立-R.シュミットのルール地域計画
  • ナチス・ドイツ下の国土計画
  • W.レプケの地域主義と地域計画論-戦後西ドイツ空間整備政策の思想的背景
  • 西ドイツ空間整備政策の成立
  • 都市民と"農"・自然の結合-クラインガルテン制度を通して
  • 農村民と都市の結合-地域政策と兼業農家対策を通して
  • 低成長期の空間整備政策と農村振興
  • 現代ドイツの空間整備政策〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 都市と農村の結合
著作者等 祖田 修
書名ヨミ トシ ト ノウソン ノ ケツゴウ
書名別名 西ドイツの地域計画
出版元 大明堂
刊行年月 1997.10
ページ数 283p
大きさ 22cm
ISBN 4470560278
NCID BA32993731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98050045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想