心はどこにあるのか

ダニエル・デネット 著 ; 土屋俊 訳

人間の心と犬の心はどうちがうのか。アメーバやウィルスには意識はあるのか。ロボットは心をもつ可能性があるだろうか。心は脳にあるのか、そして意識は科学的に説明できるのだろうか。認知科学がとりくんできた心と意識の問題に、第一人者のデネットが進化論的アプローチであらたな疑問を投げかける。問いかけの面白さと独自のレトリックで、心の科学のあたらしい局面を拓いた、刺激的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 さまざまな種類の心
  • 2 そこに意識は存在するか
  • 3 身体と心
  • 4 心の進化論
  • 5 思考の誕生
  • 6 わたしたちの心、そしてさまざまな心

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心はどこにあるのか
著作者等 Dennett, Daniel Clement
土屋 俊
Dennett Daniel C.
デネット ダニエル・C.
書名ヨミ ココロ ワ ドコニ アルノカ
書名別名 Kinds of minds
シリーズ名 サイエンス・マスターズ 7
出版元 草思社
刊行年月 1997.11
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4794207875
NCID BA32961291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98053620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想