いま、なぜ「開発と文化」なのか

[目次]

  • 1 開発の理念と現代世界(現代の開発思想
  • 開発と世界変動
  • 従属・開発・権力
  • 開発と科学技術)
  • 2 文化からの問い(ヨーロッパの膨張と環境の破壊-地球環境問題の根源
  • 開発の受容と文化の変化-現代を生きる先住民の居場所
  • 住民の豊かさと開発-東インドネシア 島と海と森と)
  • 3 人類と開発(人間のきた道
  • 開発主義と文化-差異と差別をめぐって)
  • 付篇 開発の概念の諸相(中国
  • インドネシア
  • タイ
  • インド、パキスタン
  • ケニア
  • エジプト
  • ブラジル
  • メキシコ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま、なぜ「開発と文化」なのか
著作者等 原 洋之介
堀坂 浩太郎
大貫 良夫
小林 致広
小馬 徹
山内 昌之
川田 順造
恒川 恵市
村上 陽一郎
村井 吉敬
松井 和久
池本 幸生
清水 展
猪口 孝
石 弘之
趙 宏偉
長沢 栄治
黒崎 卓
書名ヨミ イマ ナゼ カイハツ ト ブンカ ナノカ
書名別名 Ima naze kaihatsu to bunka nanoka
シリーズ名 岩波講座開発と文化 / 川田順造 ほか編 1
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.10
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4000108646
NCID BA3294906X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98053796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想