抗癌療法補助剤

塚越茂 編

本書では、最近わが国で癌治療に利用されつつある薬物、また、今後その可能性のある薬物(補助療法剤)について、第一線で活躍中の著者によって専門的立場から解説されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 抗癌療法補助剤の役割とその重要性(総論)(癌性疼痛
  • 胃腸毒性
  • 血液毒性)
  • 2 系統別補助剤の特徴と使用法(癌性疼痛治療薬
  • 制吐剤(5‐HT3受容体拮抗剤)
  • サイトカイン
  • 血球減少防止剤)
  • 3 抗癌療法補助剤の新しい研究動向(Cytoprotectant(細胞保護剤)
  • 下痢治療薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 抗癌療法補助剤
著作者等 塚越 茂
書名ヨミ コウガン リョウホウ ホジョザイ
出版元 医薬ジャーナル社
刊行年月 1997.9
ページ数 141p
大きさ 21cm
ISBN 4753216608
NCID BA32940156
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98041605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想