筑紫古典文学の世界  中世・近世

林田正男 編

本書は、筑紫(九州)の古典文学の諸相を究明すべく、地域に息づく日本の古典文学の豊かで力強い文芸作品を紹介し、埋もれた多様な地域文化を明らかにしようと試みたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 平家物語と筑紫
  • 太平記と筑紫
  • 九州探題今川了俊の文学活動
  • 宗祇『筑紫道記』について
  • 筑紫の俳諧
  • 貝原益軒
  • 博多小女郎波枕
  • 佐賀の文学
  • 長崎蕉門の成立
  • 漢詩の阿蘇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 筑紫古典文学の世界
著作者等 林田 正男
書名ヨミ ツクシ コテン ブンガク ノ セカイ
巻冊次 中世・近世
出版元 おうふう
刊行年月 1997.10
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 4273029936
NCID BA32923995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98041868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想