隠者の尊重 : 中国の歴史哲学

島田虔次 著

中国には古来、優れた政治哲学、歴史哲学があり、壟自珍や章炳麟、孫文、わが国の横井小楠などにも受け継がれているが、その哲学は西欧的近代を超える普遍性を持つ。情熱あふれる碩学久々の単行本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「修身・斉家・治国・平天下」
  • 壟自珍「隠者の尊重」
  • 堯舜民主政?
  • 章炳麒思想研究についての手紙
  • 『黄遵憲与日本友人筆談遺稿』をよむ
  • 孫文研究をめぐっての私見
  • 孫文の儒教宣揚の動機論をめぐって
  • 『フランス勤工倹学の回想』への序
  • 『三酔人経綸問答』訳注うら話
  • 中江兆民の愛用語
  • 中江兆民『民約訳解』の中国版
  • 中国での兆民受容
  • 宮崎滔天二題
  • 『三十三年の夢』あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠者の尊重 : 中国の歴史哲学
著作者等 島田 虔次
書名ヨミ インジャ ノ ソンチョウ : チュウゴク ノ レキシ テツガク
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.10
ページ数 248, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4480842039
NCID BA32919976
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98057985
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想