育児の国際比較 : 子どもと社会と親たち

恒吉僚子, S.ブーコック 編著

赤ちゃんを持った喜びと、育児への不安にゆれる親たち。少子化時代といわれ、出産と子育てへの関心が高まっている。新しく親になった人たちは、あふれる育児情報のなかで模索している。母乳がよいのか、人工栄養の利点は何か。離乳食はいつ始めればよいか。添い寝をしたりおんぶすることは、スキンシップの第一歩なのか。子どもを育てる親たちが出会うさまざまな疑問に、育児書はどう答えているのか。育児書が助言する子育ての方法は、何を目的としたものなのか。本書は、日・米・英・仏・中の育児書を比較分析し、子どもと親たちを取りまく"文化"の差異やその背景となる"社会"と"時代"をとらえ、個人的問題としてではなく、社会的行為としての子育てを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 子どもは「社会への窓」
  • 序章 育児観の国際比較
  • 第1章 人生のはじまり
  • 第2章 子どもを取りまく社会
  • 第3章 アメリカの育児書の社会的背景
  • 第4章 フランスの育児書とその社会
  • 第5章 現代中国の初期人間形成-子育ての実態と育児書の意図
  • 終章 育児書の国際比較から見えるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 育児の国際比較 : 子どもと社会と親たち
著作者等 Boocock, Sarane Spence
恒吉 僚子
ブーコック サラーン・スペンス
書名ヨミ イクジ ノ コクサイ ヒカク : コドモ ト シャカイ ト オヤタチ
書名別名 Ikuji no kokusai hikaku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.10
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4140018089
NCID BA32821521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想