インドの不可触民 : その歴史と現在

小谷汪之 編

[目次]

  • 第1部 歴史における不可触民差別(古代インドの差別と中世への展開
  • 南インドの史料に見る不可触民
  • ムガル時代北インドにおけるチャマールと国家の支配)
  • 第2部 イギリス植民地支配下の不可触民(植民地支配下における不可触民の法的地位
  • 不可触民の職務と得分
  • 原皮流通の変化と「皮革カースト」
  • 南インド水田地帯農村の経済構造とカースト)
  • 第3部 不可触民解放運動の展開(不可触民解放運動の現状と課題
  • ケーララにおけるティーヤルの「カースト運動」の諸相
  • マハーラーシュトラにおける不可触民解放の思想と運動
  • ジョゲンドロナト・モンドルと不可触民運動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドの不可触民 : その歴史と現在
著作者等 小谷 汪之
書名ヨミ インド ノ フカショクミン : ソノ レキシ ト ゲンザイ
シリーズ名 世界人権問題叢書 no.19
出版元 明石書店
刊行年月 1997.10
ページ数 449p
大きさ 20cm
ISBN 4750309753
NCID BA32793856
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98055711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想