白村江 : 古代東アジア大戦の謎

遠山美都男 著

二日間の戦闘を読み解く。海水みな赤し-唐・新羅連合軍の前に倭国の百済救援作戦は打ち砕かれた。日本の国家形成途上に起こった壮大なパワーゲームを検証し、古代史の通説を覆す力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 捕虜たちの生還
  • 第1部 白村江への道
  • 第2部 検証・白村江の戦い
  • エピローグ 敗戦史観を見直す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白村江 : 古代東アジア大戦の謎
著作者等 遠山 美都男
書名ヨミ ハクソンコウ : コダイ ヒガシアジア タイセン ノ ナゾ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1997.10
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4061493795
NCID BA32790326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98048365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想