ブルンナー著作集  第3巻

ブルンナー 著

創造論と救贖論を扱う本書では、創造者である神とその創造、被造物としての人間とその罪、悪魔論と展開され、イエス・キリストのペルソナ論へと至る。同時代の最先鋭の自然科学的知識をも駆使して、緻密かつ明確に組み立てられた論議の上に、キリスト信仰の基礎づけが明らかにされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 神の自己伝達の歴史的実現(創造者とその創造
  • 創造された人間
  • 罪人としての人間
  • 罪の結果
  • 天使的諸力とサタン
  • 神の摂理、世界保持と世界統治
  • 歴史と救済史 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルンナー著作集
著作者等 Brunner, Emil
Brunner, Heinrich Emil
佐藤 敏夫
川田 殖
熊沢 義宣
ブルンナー エーミル
書名ヨミ ブルンナー チョサクシュウ
書名別名 教義学. 2
巻冊次 第3巻
出版元 教文館
刊行年月 1997.10
ページ数 414, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4764233037
NCID BA32785836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98045215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
教義学. 2 佐藤 敏夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想