生きられる哲学 : 生活世界の現象学と批判理論の思考形式

フェルディナント・フェルマン 著 ; 堀栄造 訳

フッサールの後期現象学とハーバーマスの批判理論を、その社会的背景から解釈し、生きられる哲学=思考形式と生の形式との統一を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 生きられる哲学の理論について(生の哲学と生きられる哲学
  • 哲学的思考様式
  • 生きられる概念 ほか)
  • 第1部 生活世界、忘れられたパラダイス(最初のものと最後のもの
  • 哲学と科学
  • 数学的非合理性 ほか)
  • 第2部 関心あるいは自己解放の魔術(ハーバーマスと批判理論
  • 批判理論の弁証法
  • 『認識と関心』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きられる哲学 : 生活世界の現象学と批判理論の思考形式
著作者等 Fellmann, Ferdinand
堀 栄造
フェルマン フェルディナント
書名ヨミ イキラレル テツガク : セイカツ セカイ ノ ゲンショウガク ト ヒハン リロン ノ シコウ ケイシキ
書名別名 Gelebte Philosophie in Deutschland
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 581
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.10
ページ数 269, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4588005812
NCID BA32747112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069719
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想