ベンチャー・キャピタル : 小説形式のビジネス書

八木大介, 許斐義信 著

小説とビジネス書がドッキング。第1部はベンチャー企業とベンチャーキャピタルのスリリングな関係が展開される小説。第2部は日本のベンチャー・キャピタルの現状と問題点と今後の方向を解説。新感覚の異色ビジネス書。商社系のベンチャー・キャピタル大東MBCの刈谷から薮原に下された指令は、ベンチャー企業の友永研究センターを倒産の危機から救うこと。刈谷は、技術開発力のある友永研究センターが、いま最も必要としているものは創業型の人材と判断したのだ。従来の日本の銀行系のベンチャー・キャピタルの動きに不満を持つ刈谷は、商社系ならではの動きで友永研究センターを救おうとするが…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベンチャー・キャピタル : 小説形式のビジネス書
著作者等 八木 大介
許斐 義信
書名ヨミ ベンチャー キャピタル : ショウセツ ケイシキ ノ ビジネスショ
出版元 マネジメント伸社
刊行年月 1997.9
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4837803857
NCID BA32701916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98029316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想