いまさら熱力学?

戸田盛和 著

熱力学の第二法則はすばらしい。そしてまた不思議な法則である。生物科学や社会科学などでもっとも引用されることが多い物理法則でもある。それはいわゆる"時間の向き"や"宇宙の終末"にも関係するし、分析的で還元的と思われがちな科学のなかにも大きくちがった立場があることを示している。本書では巨視的な熱力学にとどまらずに、原子論的な知識も活用しながら統計熱力学に近い立場で熱現象を扱う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 温度・熱・気体
  • 2 第一法則の確立
  • 3 第二法則の成立
  • 4 エントロピーと分子運動
  • 5 理想気体とは
  • 6 気体の密度と速度分布
  • 7 ブラウン運動
  • 8 統計熱力学
  • 9 気体・液体・固体の平衡
  • 10 格子模型と相転移
  • 11 臨界指数
  • 12 量子力学への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いまさら熱力学?
著作者等 戸田 盛和
パリティ編集委員会
書名ヨミ イマサラ ネツリキガク
シリーズ名 パリティブックス
出版元 丸善
刊行年月 1997.9
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 4621043757
NCID BA3270136X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99021975
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想