日本企業のコーポレートガバナンス

寺本義也 編著 ; 坂井種次, 西村友幸 著

本書は、コーポレートガバナンスという課題を日本の企業が、どのように捉えているか、またどのように捉えていないかを明らかにしようとするものである。そのため、まず、この問題を巡る最近の主要な動きを整理した上で、コーポレートガバナンス論がどのような背景の中でどのような展開を見せてきたかを、国際的な比較を含めて検討する。さらに、日本企業の実態調査に基づいて、現時点でのコーポレートガバナンスの全体像を明らかにし、先進的な企業の実践を紹介する。最後に、こうした検討を基盤として、二一世紀における、日本企業のコーポレートガバナンスのあり方を提示しようと試みている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • コーポレートガバナンス-近年の動向
  • コーポレートガバナンス論の展開
  • コーポレートガバナンスの分析(全般的傾向
  • 比較分析)
  • 先進企業のケース・スタディ
  • 二一世紀のコーポレートガバナンスの構図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業のコーポレートガバナンス
著作者等 坂井 種次
寺本 義也
西村 友幸
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ コーポレート ガバナンス : ヒラカレタ ケイエイ オ メザシテ
書名別名 開かれた経営を目指して
出版元 生産性
刊行年月 1997.9
ページ数 260p
大きさ 21cm
ISBN 4820116185
NCID BA32700924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98046146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想