現人神の創作者たち

山本七平 著

戦前の日本を呪縛した「尊皇思想」は徳川幕府の正統性を証明する手続きから生じた-日本思想史の逆説のドラマを明らかにした、渾身の力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 慕夏思想・天皇中国人論と水土論
  • 亡命中国人に発見された楠木正成
  • 日本=中国論の源流
  • もし孔子が攻めてきたら
  • 国家神道という発想
  • 正統的な儒学者・佐藤直方
  • 偽書のたどった運命
  • 殉忠の思想
  • 政治が宗教になる世界
  • 志士たちの聖書〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現人神の創作者たち
著作者等 山本 七平
書名ヨミ アラヒトガミ ノ ソウサクシャタチ
書名別名 Arahitogami no sosakushatachi
シリーズ名 山本七平ライブラリー / 山本七平 著 12
出版元 文藝春秋
刊行年月 1997.9
ページ数 413p
大きさ 19cm
ISBN 4163647201
NCID BA32665991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想