能に憑かれた権力者 : 秀吉能楽愛好記

天野文雄 著

「のふにひまなく候」。晩年、能に取り憑かれた秀吉は、前代未聞の禁中能を催す。宮中に、秀吉、家康、利家が舞い、輝元の小鼓が響きわたる。自らの生涯を「十番の能」に新作させ、能楽史を変えた権力者の凄まじい熱狂に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 武将の能楽愛好-秀吉まで
  • 第1章 名護屋以前
  • 第2章 文禄二年肥前名護屋
  • 第3章 文禄二年禁中能
  • 第4章 能楽三昧の日々
  • 第5章 豊公能の新作
  • 第6章 秀吉の能楽保護
  • 終章 秀吉以後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能に憑かれた権力者 : 秀吉能楽愛好記
著作者等 天野 文雄
書名ヨミ ノウ ニ ツカレタ ケンリョクシャ : ヒデヨシ ノウガク アイコウキ
シリーズ名 講談社選書メチエ 116
出版元 講談社
刊行年月 1997.10
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 4062581167
NCID BA32651068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想