アメリカン・ファシズム : ロングとローズヴェルト

三宅昭良 著

デモクラシーの行きつくところ、ファシズムの影がしのびよる!30年代ルイジアナ州。不正選挙により史上空前の独裁を打ち立て、大統領の座をも狙った稀代のデマゴーグ、ヒューイ・ロング。ローズヴェルトがもっとも恐れた彼の軌跡をたどり、民主主義社会の陥穽を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカにファシズムはあったのか
  • 第1章 「見える支配」と「見えない支配」
  • 第2章 ロングvs.ローズヴェルト
  • 第3章 恐るべき税制
  • 第4章 ルイジアナ独裁
  • 第5章 だれがロングを殺したのか
  • 終章 キングフィッシュの影の下に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカン・ファシズム : ロングとローズヴェルト
著作者等 三宅 昭良
書名ヨミ アメリカン ファシズム : ロング ト ローズヴェルト
書名別名 Amerikan fashizumu
シリーズ名 講談社選書メチエ 115
出版元 講談社
刊行年月 1997.10
ページ数 294p
大きさ 19cm
ISBN 4062581159
NCID BA32642307
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想