ディオールの世界

川島ルミ子 著

ディオール衝撃のデビューから50年。今語られる"永遠のモード"の秘密!1947年、第2次世界大戦の終結を喜ぶパリに彗星のように登場したクリスチャン・ディオール。彼はその時、42歳。そしてわずか10年後、52歳で他界してしまった"モード界の革命児"の知られざる生涯とその時代背景を、数多くの弟子や友人の証言を交えながら明かす。パリ在住の日本人ジャーナリストによって初めて描き上げられた書き下ろし労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ニュールック誕生の日
  • 幸福な少年時代、それはグランヴィルで始まった
  • パリよ、自由よ、青春よ
  • 絶え間なくおそいかかる悲劇
  • 戻ってきた良き時代
  • 戦争、そいて再出発
  • マルセル・ブサックとの出会い
  • モンテーニュ街三十番地
  • 果てしない仕事とのたたかい
  • ディオールが自分自身に戻る時〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディオールの世界
著作者等 川島 ルミ子
書名ヨミ ディオール ノ セカイ
書名別名 Dioru no sekai
出版元 集英社
刊行年月 1997.9
版表示 改訂版
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 4087831108
NCID BA32635549
BA90125925
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98044373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想