文化人類学キーワード

山下晋司, 船曳建夫 編

文化人類学とはどんな学問なのか、ちょっとのぞいてみたい、かじってみたい、と思っている大学生や一般人を対象に作られた本。文化人類学の方法や学説、文化人類学の3つの柱である「人間・文化・社会」の諸テーマ、そして従来あまりとりあげられてこなかった「現代の民族誌」の諸テーマの中から重要キーワードを選び、やさしく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 文化人類学の技法とディスクール(フィールドワーク
  • 民族誌
  • 通時と共時 ほか)
  • 2章 人間の多様性(人間の概念
  • 人種
  • 民族 ほか)
  • 3章 文化のダイナミズム(文化の概念
  • 文化相対主義
  • 未開と文明 ほか)
  • 4章 社会のコンプレクシティ(家族
  • 出自集団
  • 母系制と母権制 ほか)
  • 5章 現代の民族誌(世界システム
  • 植民地主義
  • ナショナリズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化人類学キーワード
著作者等 山下 晋司
船曳 建夫
書名ヨミ ブンカ ジンルイガク キーワード
シリーズ名 Keyword series
有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1997.9
ページ数 243p
大きさ 19cm
ISBN 4641058636
NCID BA32622208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98042903
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想