ケインズ : 歴史的時間から複雑系へ

吉田雅明 著

[目次]

  • 序章 問題の所在-理論形成史研究の発展のために
  • 第1章 貨幣数量式からの出発
  • 第2章 『貨幣論』の理論構造
  • 第3章 『貨幣論』から『一般理論』にむけて
  • 第4章 プロセス集積体系という考え方
  • 第5章 並列処理系によるケインズ体系の定式化
  • 第6章 シミュレーションによる例解
  • 第7章 プロセス集積体系の特性と従来の経済学との関係
  • 終章 ケインズの再発見から複雑系へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケインズ : 歴史的時間から複雑系へ
著作者等 吉田 雅明
書名ヨミ ケインズ : レキシテキ ジカン カラ フクザツケイ エ
シリーズ名 雇用・利子および貨幣の一般理論
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1997.9
ページ数 200p
大きさ 22cm
ISBN 4818809470
NCID BA32622048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98075020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想