裁判の秘密

山口宏, 副島隆彦 著

これまでタブーにされてきた、裁判制度の秘められたカラクリを、現職の弁護士が職を賭して暴いた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ もう裁判なんてやりたくない
  • 判決は忘れたころにやってくる
  • やっと判決が出た。だが判決はケツ拭く紙ほどにも役にたたない
  • 裁判は一審と二審でなぜ食い違うことがあるのか
  • 債務者に怖いものはない
  • 住専の法律学
  • 裁判で名誉は回復しない
  • 離婚裁判、遺産相続裁判はなぜ悲惨になるのか
  • 医療裁判は法律の問題ではなく専門家の問題である
  • 藤田朋子事件にみる仮処分問題の実態〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁判の秘密
著作者等 副島 隆彦
山口 宏
書名ヨミ サイバン ノ ヒミツ
出版元 洋泉社
刊行年月 1997.9
ページ数 264, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4896912799
NCID BA32591793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98036303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想