仏教の歴史  9

ひろさちや 著

インドから日本まで、やさしくよくわかる仏教の入門!日本仏教が新たな展開を迎えた鎌倉時代。道元はさっそうと禅の教えを説き、日蓮は幾多の迫害に耐え法華の教えを宣揚する。それは今に連なる太い一筋の道である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「蜘蛛の糸」の救い
  • 2 栄西が伝えた禅
  • 3 釈迦の正統仏教を伝えんとした道元
  • 4 「呻き声」を発する日蓮
  • 5 平安仏教を解体した鎌倉新仏教
  • 6 すべてを捨てた一遍
  • 7 戒律復興の動き
  • 8 海を渡って来た禅僧
  • 9 和風禅と純粋禅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仏教の歴史
著作者等 ひろ さちや
書名ヨミ ブッキョウ ノ レキシ
書名別名 ただ一筋の教え : 禅と法華仏教
巻冊次 9
出版元 春秋社
刊行年月 1997.9
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 4393108191
NCID BA3258373X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想