悠久の美ペルシア紀行

ヴィタ・サクヴィル=ウェスト 著 ; 田代泰子 訳

砂漠をゆくキャラバンの鈴の音。満月の王家の谷。山頂に広がる雪の原野。エナメルタイル燦めくモスク。ほの暗いバザール-。名園シシングハーストの造園家として知られる女性詩人は、1926年、緑豊かな英国を発ち、「悠久の国ペルシア」に旅立った。盗賊の襲来をかわし、遊牧民とともに荒野をポンコツ車で駆け抜ける。吹雪にさらされ、あえぎながら、聳えたつ峰々を徒歩で越える。野生のチューリップを愛で、古代庭園で瞑想にふける。凛として、香り豊かな紀行エッセイの名品。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 テヘランへの旅人(はじめに
  • 満月のカルナク-エジプト
  • バグダードの安らぎ-イラク
  • 砂漠をこえて-ペルシア
  • バザールと、庭園と-テヘラン
  • 瞑想の学院-エスファハーン
  • 黄色い薔薇-コム
  • シャーの戴冠式
  • 帰国)
  • 2 バフティヤーリー街道を行く(出発前夜
  • 天幕生活
  • キャラバンとともに
  • 遊牧の民
  • マラミール平原へ
  • 油田)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悠久の美ペルシア紀行
著作者等 Sackville-West, V.
Sackville-West, Victoria
田代 泰子
Sackville‐West Vita
サクヴィル=ウェスト ヴィタ
書名ヨミ ユウキュウ ノ ビ ペルシア キコウ
書名別名 Twelve days

Passenger to Teheran
出版元 晶文社
刊行年月 1997.9
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 479496319X
NCID BA32581869
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98044338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想