日本とアメリカ逆さの常識

アントラム栢木利美 著

日本の常識がアメリカでは非常識-。アメリカ人の夫、二人の子供とともにサンフランシスコで暮らす著者が経験した、日本とアメリカ、"逆さの常識"の数々。日米間の誤解やすれ違いの原因を、日常生活の現場から具体的に考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 借家と契約社会
  • アメリカのテレビ事情
  • 能力優先の学校教育
  • マナーの違いに現れる国民性
  • ファッション感覚の相違点
  • 沈黙は"金"ならず
  • 日常のささいな事柄だけど
  • 食生活と驚くべき胃袋
  • 日常生活の便利と不便
  • 美しさの基準にもお国柄
  • "国保"のない国の医療制度
  • 男女が公平に働く社会とは
  • 変貌するアメリカの家族
  • アメリカの抱える社会問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本とアメリカ逆さの常識
著作者等 Antram, Toshimi
アントラム 栢木 利美
書名ヨミ ニホン ト アメリカ サカサ ノ ジョウシキ
書名別名 Nihon to amerika sakasa no joshiki
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1997.9
ページ数 310p
大きさ 15cm
ISBN 4122029430
NCID BA32570206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98048715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想