大理石の祖国 : 近代イタリアの国民形成

藤澤房俊 著

イタリアとは何か?イタリア人とは誰か?19世紀のリソルジメント(復興運動)により「創られた祖国・国民」を抉り出し、今なお追究されているアイデンティティを探り、イタリアの現在を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 創られた「イタリア」、創られた「イタリア人」
  • 2 国王の神話化
  • 3 国民の前に押し出される国王
  • 4 君主制を演出する王室の儀礼
  • 5 時間の国民化としての国家祭日
  • 6 国王、愛国者、戦没者の顕彰
  • 7 世俗宗教の「祭壇」
  • 8 世俗宗教の聖地巡礼
  • 9 君主制の藩屏としての貴族階層の創出
  • 10 君主制の危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大理石の祖国 : 近代イタリアの国民形成
著作者等 藤沢 房俊
書名ヨミ ダイリセキ ノ ソコク : キンダイ イタリア ノ コクミン ケイセイ
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.10
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4480861068
NCID BA32555315
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98054345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想