農地改革とは何であったのか? : 連合国の対日政策と立法過程

E.E.ワード 著 ; 小倉武一 訳

[目次]

  • 章1 序説と要約
  • 章2 占領軍の基本政策
  • 章3 土地改革前の日本の農村社会
  • 章4 日本政府と土地改革
  • 章5 連合国最高司令官本部と土地改革
  • 章6 対日理事会と土地改革
  • 章7 対日理事会の提案への行動
  • 章8 日本の土地改革プログラム-1946年10月21日
  • 章9 土地改革の若干の効果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農地改革とは何であったのか? : 連合国の対日政策と立法過程
著作者等 Ward, E. E
小倉 武一
食料農業政策研究センター
ワード E.E.
書名ヨミ ノウチ カイカク トワ ナンデアッタノカ : レンゴウコク ノ タイニチ セイサク ト リッポウ カテイ
書名別名 Land reform in Japan 1946-1950,the Allied role
シリーズ名 農政研究センター国際部会リポート / 食料・農業政策研究センター 編 no.39
出版元 食料・農業政策研究センター : 農山漁村文化協会
刊行年月 1997.10
ページ数 228p
大きさ 21cm
ISBN 4540970801
NCID BA32540817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98046281
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想