高島善哉著作集  第8巻 (現代国家論の原点)

高島善哉 著 ; 渡辺雅男 責任編集

市民社会と国家成立のダイナミックス。政治的共同体と経済的共同体の統一体としての市民社会という観点から「国家発生の秘密」と必然性をさぐり、国家論の原点に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市民社会とは何か-一つの歴史的・理論的考察
  • 第2章 近代化とは何か
  • 第3章 市民社会概念におけるスミスとヘーゲル
  • 第4章 マルクスの前と後
  • 第5章 市民の立場と階級の立場
  • 第6章 三つの国家観-スミス、ヘーゲル、マルクス
  • 第7章 国家論の課題-反批判と自己批判のために
  • 第8章 貨幣および国家の論理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高島善哉著作集
著作者等 渡辺 雅男
高島 善哉
書名ヨミ タカシマ ゼンヤ チョサクシュウ
書名別名 現代国家論の原点
巻冊次 第8巻 (現代国家論の原点)
出版元 こぶし書房
刊行年月 1997.9
ページ数 347, 8p
大きさ 20cm
ISBN 4875591187
NCID BA32517804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98037991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想