川路聖謨

川田貞夫 著

川路聖謨。対外関係の緊迫した幕末、ロシアの国境画定要求を巧みに処理し、寸土を譲ることなく日露和親条約の締結を成し遂げた幕府吏僚の俊秀。軽輩の家から立身して勘定奉行に栄進し、海防事務に参与したが、安政の大獄に坐して隠居、江戸開城の決定を知りピストルで自尽するに至る。その才腕を示す業績の全般と幕臣としての信念に生きた生涯を克明に描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 誕生
  • 旅だち
  • 清貧と勉学
  • 川路家の養子に
  • 猛烈な就職運動
  • 幕府出仕
  • 結婚
  • 初めての出張-江州庄・高木両村
  • 仙石騒動
  • 勘定吟味役に抜擢
  • 宰相の死
  • 大塩平八郎の乱
  • 西丸炎上と木曾出張
  • 四度目の結婚〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川路聖謨
著作者等 川田 貞夫
日本歴史学会
書名ヨミ カワジ トシアキラ
書名別名 Kawaji toshiakira
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.10
版表示 新装版
ページ数 380p
大きさ 19cm
ISBN 4642052070
NCID BA32438581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98049801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想